2011年1月5日に開院して、おかげさまで開院11周年を迎えることができました。

引き続き、地域の皆様の健康・元気に貢献できるよう頑張って参ります。

オープンMRIは、大人はもちろん、小さなお子様や年配の方でも安心して脳の精密検査を行うことができます。

3歳のお子様が、お母さんと一緒に検査室に入って頂き、検査を受けることも出来ました。

スタッフ一同、みなさまの「元気・健康」にお役立ちできるよう、頑張って参ります。

 

 

 

 

〜令和4年9月〜

 

オミクロン株の変異株BA.5は感染力が強く、過去最大級の感染者数になっています。

いっぽう、重症者数はそれほど増えていません。

 

第7波が落ち着いた後は、インフルエンザ並みの扱いにするとの話も出ています。

 

しばらくはウィズコロナの生活が続くのかも知れません。

引き続き、感染対策に留意しましょう。

 

ある程度少人数での県内旅行などは、十分に感染対策に留意すれば大丈夫と思います。

過度な心配はし過ぎないで、でも引き続き感染対策・3密の回避・マスク手洗いの習慣を心がけましょう。

 

暑さが厳しい時期です。

密にならない屋外ではマスクを外し、十分な水分補給と共に、熱中症の予防に気をつけましょう。

 

60歳以上の方及び基礎疾患のある方には、4回目の追加接種が7月から始まっています。

前回副反応がなかった方は、接種が望ましいです。

 

また、この秋からは、オミクロン株対応の新型ワクチン接種の準備が始まっています。

このワクチンは、現在流行中のオミクロン株に対しても強い予防効果が期待できそうです。

インフルエンザワクチンとの同時接種(もしくは、短期間での接種)も問題ない模様です

 

引き続きしっかりした感染予防対策で頑張りましょう。

 

 

 

 

ーインフルエンザワクチンについてー

 

R4年度のインフルエンザワクチン接種はR4年10月15日から開始いたします。

ワクチンの在庫があれば当日接種も可能ですが、あらかじめ予約いただく事をおすすめいたします。

当院かかりつけ通院中以外の方でも予約できます。

 

TEL:0237−85−0355

  

 

 

 

 

ーH26.10月から肺炎球菌ワクチンの定期接種が始まりましたー

 

5歳以上の方は、肺炎球菌ワクチンを接種されると、肺炎にかかりにくくなり、また、かかった場合にも重症化が予防されます。

 

今年度末までに満65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になる方、そして101歳以上の方は市町村の助成が受けられます。

 

当院では、肺炎球菌ワクチンの予防接種を随時受け付けており、当日接種が可能です。

  

希望の方は受付でお申し出下さい。

 

 

 

 

 

ー休日当番医のお知らせー

 

10/9(日)は、当院が休日当番医です。

 

  朝9時から夕方5時まで診療を行っています。

 

寒河江西村山郡の休日当番医一覧表はこちら (←ここをクリック)

 

 

 

ー休診日のお知らせー

 

8/16(火)より通常診療を行っています。

いまのところ、臨時休診はありません。

 

 

 

 

 

 

ー受付時間のお知らせー

 

初診(新患)の受付は、診察時間の30分前までとさせて頂きます。

   午 前:12時まで

   午 後:17時まで

ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

 

 ・発熱・コロナ感染症疑い

 への対応について

 

当院では発熱の患者さんを 一般の患者さんと分離して診療することが物理的に不可能なため、新型コロナウイルス感染症が疑われる患者さんを診ることができず 、PCR検査の受付も行っておりません。

 

症状や病歴から新型コロナ感染症が疑わしい場合は,所定の医療機関を紹介させていただきます。

症状や病歴から新型コロナ感染症が特に疑われない場合は,通常の発熱・感冒を想定して診察いたします。

 

発熱や風邪症状の患者さんはあらかじめ当院へ電話で症状を伝えてから御来院ください。

その場合、お車の中でお待ち頂く場合や、来院時間をこちらから指定させていただく場合がございます。

 

発熱や風邪症状のある患者さんは,受診の際に必ずマスクを着用してください。

 

通常の通院患者さんへの感染予防を第一に考えたための対応です。

ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

 

・コロナウイルスワクチンついて

 

コロナウイルスワクチンの4回目追加接種が始まっています。

 

3回目に副反応が軽かった方は、4回目も大したことは無いようです。

3回目に副反応が強めだった方は、4回目も強めに出る傾向が有ります。

 

現在のワクチンはオミクロン株、なかでもBA5に対する感染予防効果は、それ程強くありません。

ですので、副反応が強すぎた方は、無理して打たなくてもよいでしょう。

その分、マスク手洗い消毒で感染対策をしっかりしましょう。

 

重篤な副反応の頻度は、100万人に5人(インフルエンザワクチンのおよそ2倍程度)と、ごくわずかです。

 

ワクチン接種により、一人一人が免疫をつけ自身の感染を予防すると共に、感染流行・拡大を抑えることができます。

ぜひ、可能な方は接種して頂くことをお勧め致します。

 

なお、接種場所などは、お住まいの市町村によって異なります。市町村からの案内をご参照下さい。

 

 (当院での個別接種は行っておりません。当院の医師も河北町の集団接種に休日返上で協力しています。より多くの方に迅速に無駄なく安全に接種するため、集団接種にご協力下さい。)

 

 

当院で可能な検査・治療のご案内

 

検査

・脳・頸椎・腰椎のMRI検査

・脳・頸動脈のMRA(血管撮影)検査

・頸動脈・甲状腺・心臓・腹部の超音波検査

・レントゲン

・採血・尿検査

・心電図検査

・ホルター心電図(24時間心電図)検査

 

治療(通常の治療のほか、下記の特殊治療も行っています)

・ボトックスによる眼瞼けいれん、片側顔面けいれん・四肢拘縮の治療

・糖尿病に対するインスリン自己注射療法

・片頭痛・群発頭痛に対するイミグランの自己注射療法

・禁煙外来

・在宅酸素療法

 

予防接種

・インフルエンザワクチン

・肺炎球菌ワクチン

・MRワクチン(風疹ワクチン)

  

脳ドック・一般健康診断も行っています。

 

連携医療機関

・山形大学医学部附属病院・山形市立病院済生館・山形済生病院・県立中央病院・県立河北病院・北村山公立病院をはじめ、県内の各医療機関と連携し診療を行っています。

〒999-3512

山形県西村山郡河北町谷地中央5丁目9−15

かほく紅花クリニック

TEL:0237-85-0350

FAX:0237-85-0355

 

脳神経外科 齋野 真

神経 内科 片桐 忠

脳神経外科 毛利 渉